犬のあくび

<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

初心者が行った北海道旅行/美瑛・富良野編

第3日目プランは・・・

ホテル
 ↓
道央自動車道
 ↓
美瑛
 ↓
富良野
 ↓
国道
 ↓
道央自動車道
 ↓
ホテル

**************************

起きると、昨日とは打って変わっていいお天気だったので、予定通り、美瑛、富良野へ向けて出発しました。

b0023799_15171828.jpg


道央道に乗って、一度岩見沢PAで休憩。
ばんえい競馬を模した馬の像とかが林の中に立っていました。
空が広い。

b0023799_15111260.jpg


b0023799_15113278.jpg



その後、旭川鷹栖ICへ向かったのですが、途中でハイウェイオアシスというのを発見。
表示通りに進んでみると、巨大なSAだかPAだかでした。

b0023799_15131284.jpg


とにかくデカイ。キャンプ場とかも併設されているらしいです。

b0023799_15132776.jpg

北菓楼の喫茶店があったので、今回はソフトアイスクリーム。
この場所自体は、どうやら団体さんが目当ての建物らしく、バスが着く度に大騒ぎ。
でも、北菓楼の中は別世界で、すっかりくつろげました。
※ちなみに、トイレはバスが着くとすごーーーく混むので、バスが来ない時を見計らって使いましょう。

ハイウェイオアシスを出て、旭川鷹栖ICで下り、一路美瑛へ。


b0023799_15175396.jpg

b0023799_1518725.jpg


とにかく景色がどんどんイメージ通りに変化していきました。

まずはケンとメリーの木と呼ばれている所へ行ったのですが、
思いがけず、かなり観光客のために整備されていて、
駐車場はもちろん、喫茶店のような店まであって、抱いていたイメージとは大分・・・↓

で、他にも名の付いている風景を巡ろうと思っていたのですが、
嫌になってしまって、気の向くままに車を走らせる事にしました。

b0023799_15212196.jpg
b0023799_15214253.jpg
b0023799_15215348.jpg
b0023799_1522277.jpg
b0023799_1522947.jpg


どこかしこも、まるで絵はがきの様でした。
どこをカメラで切り取っても大好きな一枚となってしまいます。

美瑛を走り回ってから、富良野方面へ行く事にしました。
その途中で寄ったのが【かんのファーム】。
大きな有名な農場なら他にもあるのですが、
とにかく、観光バスが立て続けに止まるような所はやめようという事でここを選びました。

b0023799_15231752.jpg

b0023799_15264725.jpg


ここでは、お花畑を見る事はもちろん、ここで採れた花で作られたポプリなどの製品を買えたり、
農場で採れた野菜を買う事が出来ます。クール宅配の手続きもちゃんとしてくれるので安心です。
また、農場で採れたとうもろこしやじゃがいもを食べる事もできます。
今回、とうもろこしとかぼちゃとラベンダーの苗を自宅に送ってもらう事にしました。
ラベンダーの栽培法や、野菜の話など、
判らないことがあったら売り場の人に聞くと、丁寧に教えて貰えます。

かんのファームを出て、近くにあるジェットコースターの道を通って富良野を目指しました。

b0023799_15315139.jpg
b0023799_1532347.jpg
b0023799_15321453.jpg
b0023799_1532227.jpg



お昼ごはんも殆ど入れず、我慢して富良野まで行ったのは、
ふらのバーガー(FB)】へ行くためでした~。
b0023799_15341728.jpg
b0023799_15343027.jpg
b0023799_15343911.jpg
b0023799_15344650.jpg
b0023799_15345341.jpg


ここは、一年ずっと開いているお店ではないので、是非、行ってみたかったのです。
富良野の牧場が開いているお店で、
富良野で採れた野菜やお肉でバーガーを作っています。

b0023799_15345917.jpg


ふらのチーズバーガー。
バーガーの中には自家製ベーコンも入っています。
付け合せのソーセージも自家製。
b0023799_1535637.jpg


こっちはふらのバーガー。同じくベーコンが入っています。
パティはビーフ100%ではなく、ポークが入ってるみたいで、ジューシーです。
結構高さがあるので、思いっきり噛り付いて食べました。
思った通り美味しかったです。


その後、【富良野物産センター】へ。
ここでは、富良野で採れたもので作ったお土産やお菓子が買えます。
私が目指していたのは『ふらのソース』。もちろんありました。
(ちなみに、ふらのソースは富良野近辺のスーパーや通販でも買えます。)
それと、「北海道のどまんなか 通過証明書」も作ってもらいました。


美瑛でのんびりといろんな所をドライブしたせいで、
すっかり暗くなってしまい、この後、ホテルに向かって戻りました。
「北の国から」のファンならば、美瑛よりも富良野かもしれませんが、
私には美瑛>富良野でした。

ガイドブックに載っててた通りに美瑛をドライブしてたら・・・変わったかな?
[PR]
by webnest | 2009-10-29 15:43 | 旅行

初心者が行った北海道旅行/小樽編 その3

小樽運河を離れまして、小樽ICから再び札樽道を通って新札幌方面へ。

途中、お腹が空いたって事で、調べておいたスープカレーのお店へ行く事にしました。

emoticon-0171-star.gifSoup Curry laviemoticon-0171-star.gif

「スープカレー ラビ」です。
新札幌への帰り道って事で、平岸店にしました。


b0023799_1941579.jpg

b0023799_19413324.jpg

b0023799_19415367.jpg

b0023799_19421828.jpg

b0023799_19423337.jpg

b0023799_1943751.jpg

1日20食限定という、味付きチキン

b0023799_1944698.jpg


味付き角煮

b0023799_19451340.jpg


の2種類を頼みました。

どちらもお肉にまで味がしみてて美味しかったです。
辛さの調節と、ご飯の量の調節は無料で希望通りにしてくれます。
辛さは、1~70まで、だったかな?普通のカレーの辛口を食べる人は3~5で丁度良い感じです。
じゃがいも(レッドムーン)、れんこん、かぼちゃなどの野菜類は煮込んではいなくて、後のせって感じでした。ご飯にレモンを絞って食べるのですが、これがまたイケました。

b0023799_19481420.jpg




emoticon-0155-flower.gif札幌に住んでたことがある友達からのお勧め店

☆寿司
ひきめ寿司:ベタですが老舗。地元人/観光客差別なく良いものを出します。(予算:1~15千)

伊勢寿司:寿司屋街からは離れますが地元に評判のお店。しかしながら常連客でないとカウンターには座れないという噂もある。(予算:1~15千)

みよ福:狭く安い寿司屋。しかし結構旨いっす!ネット口コミで話題のお店で観光客が結構きます。メニューも刺身盛りと握りのみのはずです。ネタが無くなるのが早いので早めに行ったほうがよいです!(予算:5~6千)

魚真(うおまさ):結構大きめの寿司屋。メニューも豊富で1品の量が多いので注文には注意。 居酒屋と寿司屋の中間的感覚。終るのが早いため早めに行ったほうがよいです。(予算:3~5千)


☆居酒屋
山田屋:若いご夫婦が経営しているお店。居酒屋ながら夕方に大将が仕入れた魚を片手に出勤してきます。鮮魚以外も料理旨いっす!!(予算:3~5千)

※また、小樽の寿司屋は10時で終るのでご注意を。9時過ぎるとほとんど人が歩いていないので・・・。魚を食べるんだったら寿司屋に入ったほうが良いと思いますよ。


私が目を付けたけど行けなかった所・・・万次郎:ランチが良いなぁって思ってました。次回は是非挑戦したいです。
[PR]
by webnest | 2009-10-09 19:54 | 旅行

初心者が行った北海道旅行/小樽編~小樽運河 その2

小樽運河沿いはお土産屋さんの宝庫です。
お土産商店街って感じです。

emoticon-0171-star.gifル・タオemoticon-0171-star.gif

チーズケーキで有名な洋菓子屋さん。名前の由来はもちろん『おたる』。
プリンやチョコレートも美味しいです。
チョコレート専門店はル・ショコラ。サンプルが多くて、ちゃんと味見をして買うことが出来ます。
本店も小樽ですが、イベントをやっている事もあるので、チェックして行くと良いかもしれません。ケーキバイキングの日とかに当たるかも・・・(予約が必要だと思いますが)。

emoticon-0171-star.gif六花亭emoticon-0171-star.gif

北海道では有名すぎるくらい有名なお菓子屋さん。マルセイバターサンドと板チョコが代表選手ですね。
でも、私はどうしてもバターサンドはダメなんですね~。北海道土産としてはとても有名ですが、北海道以外でも買えてしまうというのがちょっと逆につまらないかも・・・。


b0023799_13361533.jpg


b0023799_13363322.jpg

こんなのを店内で発見しまして。
早速2階へ。
回廊のような感じで、1階の店舗が見える吹き抜けになっていまして、ちょっと休憩ができるスペースになっていました。
一番お安いものだと、シュークリーム(70円)でしたが、雪こんチーズを頼みました(雪やこんこのココアクラッカーに、ベイクドチーズケーキが挟んであります。チーズケーキがシングルだと100円、ダブルだと150円です)。
ここでは、お菓子を買うとコーヒー1杯がもれなく付いてきます。これはお買い得、休み得。
コーヒーも美味しくて、のんびり出来て雰囲気も良かったです。多分、観光バスで一気に来てる人たちはお買い物で忙しくて、ここにはあんまり気が付いていないんじゃないかなぁって気がしました。

b0023799_13424576.jpg

※コーヒーの紙コップは別に捨てます。

emoticon-0171-star.gif北菓楼emoticon-0171-star.gif

ここもお菓子屋さんです。小樽運河沿いは、本当にお菓子屋さんが多いですねぇ。

b0023799_13445255.jpg

お店に入ると、バームクーヘンがお勧め商品らしく、前面に出ていて、もちろんサンプルも置いてありました。
バームクーヘン大好きの私ですが、ここのはちょーっとフワフワ過ぎるかなぁ。

で、通販でも買えないシュークリームにしました。
b0023799_13464759.jpg

セットにもできます。買ったのは『夢不思議(160円)』。
パイシューで、フィリングは生クリームとカスタードでした。結構、ボリュームもあって、とっても美味しかったです。

emoticon-0171-star.gifふうど館emoticon-0171-star.gif

ホクレンの創業記念館だそうです。1階にはたくさんのお土産が売っています。お菓子ばかりでなく、野菜や瓶詰め、缶詰などもあります。カルビーで出しているじゃがポックルもここに置いてあります(行った時は売り切れでしたが)。【北海道限定】の名の元に発売しているお菓子がたくさんありました。

emoticon-0171-star.gif利尻屋みのやemoticon-0171-star.gif

昆布屋さんです。ダシを取る昆布(湯どうふ昆布)が有名なんだそうです。でも、それじゃなくて、お湯に混ぜるとスープになるっていう昆布が入ってるのを1袋買いました。ちょっと不思議系な・・・サンプル沢山あります。ちゃんと食べてから買えるお店ですね。


他にもいろいろと周りました。
あっと言う間に日が暮れてました。北の夜は早く来ますね。

b0023799_13595974.jpg

駐車場へ戻る前に、小樽駅の方向に歩きました。
運河沿いと比べて、普通の町です。
商店街もありましたが、運河沿いと比べると地域密着のお店が多くて、
7時前には閉店のところも多かったでした。


何だか、お土産屋さんばかりになってますが(笑)、
手宮線跡地もなかなかいい感じです。
手宮鉄道が走っていた線路をそのままに、公園のようにして残してある一角です。

他にも、もちろん多くの古い建物が残っているので、
それを眺めながら、ゆっくり運河沿いを散歩してみて下さい。
[PR]
by webnest | 2009-10-06 14:05 | 旅行

初心者が行った北海道旅行/小樽編~小樽運河 その1

思っていたよりも鰊御殿とその周辺で時間が過ぎてしまい、
手宮公園までは行ったのですが、予定していた手宮洞窟小樽市総合博物館へは行かずに、小樽運河へ向かいました。


b0023799_2324286.jpg



小樽周辺はあまり無料駐車場はありません。
おたる駐車場マップを参考にすると良いと思います。)
場所によっては、無料で駐車できる場所もありますが、大抵、地元の人の車で既に埋まっています。例えば、日銀通りの松田ビル沿いですが、1年の内に何ヶ月は駐車することが出来ます(標識が立っていますので、確認してください)。また、標識には【停】と表記されているものが立っていますが、これは『短時間の停車は可能』という意味だそうです。

私たちは、昼食を小樽バインにしたので、3時間無料で止める事が出来ました(タイムズ小樽バイン)。駐車後24時間最大700円ということもあって、結局、一日中そこへ止めて置きました。

emoticon-0171-star.gif小樽バイン


b0023799_23235257.jpg



『店名の由来は[WINE]の頭文字[W]を当店経営母体のバス会社「北海道中央バス」の[B]、および店舗建物が小樽市歴史的建造物の指定をうけた元銀行店舗だったことに因んでの[BANK]の[B]といれかえた造語です。WEINと表記するドイツ語の「ヴァイン」の意味合いも持ち合わせています。』(公式HPより)

とても落ち着いた感じのお店でした。
ランチセット(約800円)もあって、ガーリックと香草風味のビーフステーキとカニクリームコロッケトマトソースを頼みました。 ご飯(白米または十五穀米)かパンかを選べ、サラダ、飲み物が付いています。量もなかなかしっかりしていて、お腹が一杯になりました。

b0023799_23274593.jpg

b0023799_23282440.jpg

クーポンも持っていたので、オリジナルの白ワインも頂いてしまいました。美味しかったです。


emoticon-0171-star.gif小樽運河

『小樽運河(おたるうんが)は、北海道の小樽市にある運河。大正12年(1923年)に完成した。内陸に水路を掘ったものではなく、沖合を埋立て、陸との間に出来た水路であり、「埋立て式運河」と呼ばれる。海上に停泊した船舶からの貨物を乗せた艀(はしけ)舟を係留し、貨物の荷揚げに使われた。人力で荷揚げする方式は戦後に入り衰退していった。また、戦後は樺太等との交易がなくなったため、物流の拠点としても急速に廃れていった。
無用の長物と化し、放置されていた小樽運河はヘドロがたまり悪臭が漂うようになった。1960年代に入り、運河を埋め立てて、道路として整備する方針が小樽市から打ち出された。それに対し運河の保存運動が全国規模で高まった。市側は当初の全面埋め立てに対し、運河の半分の幅を残す妥協案を提示するが、全面保存を求める保存派と意見が折り合わないまま、1983年には埋め立て工事に着手。1986年には北海道道17号小樽港線 (通称:小樽臨港線)が開通する。散策路やガス灯が整備され、大きく様変わりした運河周辺は、小樽の一大観光スポットに成長し、1996年には都市景観100選を受賞した。
現在では、当初の景色を残す北運河よりも、半分を埋め立てて散策路を整備した臨港線部分に観光客が多い。運河の両岸には煉瓦や札幌軟石で造られた重厚な倉庫群が立ち並び、往時をしのぶことができる。』(ウィキピディアより)

小樽運河の写真で有名なのは浅草橋から撮られたものだと思います。近くには観光案内所もありますので、地図を貰っておくと歩きやすいと思います(インターネットからも入手できます)。

古い建物を再利用した店舗がたくさん見られます。


b0023799_23395044.jpg
b0023799_234041.jpg

b0023799_2342134.jpg
b0023799_23422422.jpg
b0023799_23423384.jpg
b0023799_23424679.jpg



emoticon-0171-star.gif北一硝子三号館

b0023799_23435241.jpg


b0023799_23441461.jpg


ガラス工芸で有名な北一硝子の店舗は、小樽運河沿いに沢山ありますが、中でもこの北一硝子三号館は格別だと思います。ガラスショップはもちろん、石油ランプで彩られたカフェ(北一ホール)なども入っています。

他の北一硝子の店舗でお勧めなのは・・・
調味入れ専門店 さしすせそです。液だれのしない醤油差しは有名ですが、小さいので850円、大きいので950円くらいで購入することができます。

アウトレットもありますが、必ずしも全ての製品がアウトレットとして売っているわけではありませんし、売れてしまったらおしまいという製品もあります。あくまでもアウトレットですから、使用に支障はないけれど、規格外だったり、試用品だったりしたものが売っています。

見学館では、実際に北一硝子の製品を作っている職人さんたちの技術を見る事が出来ます。火曜日が定休で、見学時間も決まっているので、確認してからの方が良いと思います。

emoticon-0171-star.gif小樽ビール
b0023799_23402533.jpg


店内では、ビールの醸造もしています。醸造工程が見学できる20分ほどの無料ツアーもあります(予定表は店前に出ています)。但し、ツアー参加者が少ない場合、その時間のツアーはキャンセルされる場合もあります。見学ツアーならばスタッフの説明付きですが、個人で店内を見る事も出来ます。また、お土産売り場のコーナーでは、各種類のビールの麦芽の試食もできます。
[PR]
by webnest | 2009-10-02 23:57 | 旅行

初心者が行った北海道旅行/小樽編~小樽市鰊御殿

第2日目プランは・・・

ホテル
 ↓
道央自動車道
 ↓
鰊御殿
 ↓
市立総合博物館/手宮洞窟
 ↓
小樽運河
 ↓
田中酒造亀甲蔵
 ↓
毛無山展望所
 ↓
道央自動車道
 ↓
ホテル

**************************

b0023799_1359118.jpg



起きてみると霧が凄くて雨が降っていたので、
絶対に美瑛・富良野向けじゃないと判断し、3日目に予定していた小樽へ行く事にしました。
私の中では、小樽はちょっと曇ってたりするイメージだったので、
雨でもOKって感じでした。

道央道から札樽道を通って、小樽ICへ。

まず、計画している中の一番遠い所から行きました。

小樽市鰊御殿(入場料大人300円)。
無料駐車場は鰊御殿の下にあるので、そこへ止めて歩いて丘の上まで行きます。
鰊御殿の駐車場へは、小樽方面から来て左にある未舗装の道路を入って行きます。
その道路の前には、近くに、「しおさい」という民宿兼食堂(?)やおたる水族館の駐車場もあるので、間違えやすいかもしれません。


b0023799_1415591.jpg

b0023799_1421690.jpg

b0023799_1424097.jpg

b0023799_143011.jpg

b0023799_1432046.jpg

b0023799_1433917.jpg

とても興味深かったので、思ったよりもじっくりと見て周ってしまいました。
漁師さんの格好をさせて貰えます。
係りの人に断るだけで大丈夫です(無料)。

鰊御殿だけでなく、周りも散策する事が出来ます。
鰊御殿の敷地内にはお稲荷さんの社もありますが、その辺りからは真っ青な日本海が見えて綺麗です。
断崖絶壁なので、写真撮影などは注意してください。

また、鰊御殿を出て駐車場へ向かわず(左に曲がらず)、右を上がっていくと、灯台があります。

b0023799_14103864.jpg

中に入ることはできませんが、その辺りからも海を眺めることが出来ます。
駐車場へ戻る途中、右側に入ると(もしかしたら立ち入り禁止札有??)、
そこからも海が綺麗に見えます。

b0023799_1414174.jpg


やはり断崖絶壁なのですが、眼下には、何と、おたる水族館のステージがあるのです。

b0023799_1413445.jpg

どうやら、アシカやトドのショウを行うステージのようでした。
地元のタクシーの運転手さんが観光客を連れて、わざわざ来てました(笑)。
[PR]
by webnest | 2009-10-02 14:15 | 旅行

初心者が行った北海道旅行/札幌編~すすきの

ホテルからは電車で。

土日と祝日ならば、ドニチカキップというのがあります。札幌市交通局で発効しているもので、子どもは250円、大人は500円。土曜日、日曜日、祝日のいずれか1日に利用できる地下鉄専用1日乗車券です。
新札幌駅からだと、すすきの駅まで大通駅で乗り換えて行くのですが、往復を考えたら絶対にお得。早速、ドニチカキップを買ってすすきのへ。

b0023799_17335456.jpg

b0023799_1757559.jpg
b0023799_17581272.jpg


すすきのへ行く目的は、海鮮バイキングの難陀です。

サイバーシティビルを見つけて、地下2階へ。
サイバーシティビルには、結構、オニーチャン、オネーチャン系のお店が入っていて、
一瞬、うっ・・・と思いますが、気にせずに突進。

午後7時くらいだったのですが、思ったよりも空いていて、すぐに座れました。
2人用のテーブル(向かい合わせ。他に隣同士に座るテーブルもあります。)に案内されました。
中央にはロースター。これでカニや貝を焼いて食べるわけです。
テーブルには、カニ用の鋏、トング、軍手(片方)も用意されています。
おしぼりやエプロンなどが必要だったら、ソフトドリンクのコーナーに行くと置いてありました。



b0023799_1733153.jpg
b0023799_17332375.jpg

b0023799_17333773.jpg


貝類、魚類、天ぷら、焼肉、お寿司、サラダなどなどはもちろん、
タラバガニ、毛ガニ、ズワイガニがどどんと。
場外市場で沈んでしまった気持ちは一気に盛り上がりましたemoticon-0169-dance.gif

先ず最初に生タラバの足と牡蠣をロースターに置いて、
それからじっくり食べ物を選びました。

貝類も美味しかったし、魚類も美味しかったです。
生タラバは身が取りにくいけれど、美味しかったemoticon-0152-heart.gif
バターを溶かして掛けたりしても食べましたよ。
天ぷらはちょっと冷めてたかな。
お寿司はウニはイマイチでしたが、他のは美味しかったです。
焼肉(ホルモンも有)もメインじゃないけれど美味しかったし。
鉄砲汁、よくダシが出てて美味しかったです。

たらふく食べました、ホント。
カレーとかもあったのだけれど、そこまでは食べられませんでした。

水槽もあって、頼めば別料金で生き造りもしてもらえるみたいです。

これで料金は・・・


emoticon-0171-star.gif2980円emoticon-0171-star.gif


これには、ソフトドリンク飲み放題、海鮮バイキングが入ってます。
飲み放題を付けると+1000円。但し、ビールは発泡酒です。
ビールを生ビールにして飲み放題にすると+1500円です。
確か、時間延長も追加料金を払うとできたような・・・??

私たちは、"食べ"に走ったので、飲み放題にはせず、生ビールをジョッキで頼みました(@400円)。
しかし、頼んだビールを忘れてしまうくらいでした。


b0023799_23395571.jpg



すすきのには、他にももちろん『カニ食べ放題』というお店は沢山あるのですが、
値段、システム(好きな種類を好きなだけ食べられる)を考えると、
難陀が一番なんじゃないかなぁ・・・と思います。


その後、腹ごなしですすきのの町を歩き回りましたが、なかなかお腹空きませんでした。


b0023799_17511526.jpg

b0023799_17514745.jpg

すすきのは元気な町です。


b0023799_17522780.jpg


ジンギスカンのお店、だるまです。
ここには長い列が店の前にできてました(行かなかったけど)。


emoticon-0155-flower.gif札幌に住んでたことがある友達からのお勧め店

☆スープカレー☆
ピカンティ http://www.picante.jp/acc.html
メディスンマン http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010104/1003072/
ラマイ http://shimotech.net/ramai/sapporo/

☆寿司☆
有馬 http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1000457/
第三写楽 http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1002419/

☆回転すし☆
花まる http://www.sushi-hanamaru.com/tenpo.html
札幌駅店はイマイチですが他はなかなか良いです。普通のお寿司やさんレベルです。


この内の第三写楽には、【鯖ガリの裏巻き】というのがあるそうで、
とっても興味があって食べてみたかったのですが、お腹一杯過ぎて断念しました。
次は是非、行きたいです。
[PR]
by webnest | 2009-10-01 17:59 | 旅行