犬のあくび

カテゴリ:小学生( 20 )

イマドキ ノ ショウガッコウ

土曜参観ってなもんがありました。結構、人が来てて、別の学年を覗いたりするような保護者も多かったようです。

それにしても、近頃の小学校と言いますか、うちの小学校、本当に変わりました。

たった3年前に長男が同じ小学校を卒業したのですが、なんと、今現在、まともに知っている先生(元担任)が2人しかいないんですよ。他はもう、全然知らない人って感じで。
私自身、長男入学から小学校と付き合って9年目ですけど、まともに知っているのは現在の学年担任2人と去年の先生2人。それにあと2人位ですよ。本当に。9年も居て6人位しか学内に知っている先生が居ないなんて。我ながらびっくりです。

それと、『ゆとり教育』なんて変な考えの下に指導しているので、時間がない。
そのわりに、総合とか言う授業も、行事もきちんとやらなくちゃいけない・・・というジレンマで先生たちは大変と言っているのに、学校は行事予定を詰め込んで、結果的に子どもたちはこなすけれど、いっつも『そこそこ』で終わっちゃう。

何か言えば決まり文句は昨年度はそうじゃなかった。これは先生方は言いません。教頭や校長の決まり文句です。
PTAの代表である実行委員会に意見をしたって、副会長や会長に潰されて、結局、校長や教頭へ入る話しは「父母の方達も満足しています」ってなっちゃう。

とにかく、コトナカレ主義を貫きますって感じ。

今学期、急にうちのクラス担任が変わりました。
次男は結構気に入っていて、「学校楽しい」と言っているので良いと思うのですが、担任が変わるというお知らせは、たったB5の紙2枚。今日の懇談会まで、お披露目はなしでした。
その間に、気になる親は見に行ったようですが、普通なら顔合わせを学校でセッティングするもんじゃないでしょうかねぇ。やらなかったもんだから、噂ばかりが先行して、隣のクラスの担任が前任を苛めたんじゃないかとか、クラスの女子が強いので耐え切れなくなって神経参っちゃったんじゃないかなんて噂が続出でした。

そんなこんなでうちの学年の親は苛々してる人が多くなっています。

他の小学校とかでもこんな風潮なのかしら?今は?あまりにも長男の時と違うので、本当にびっくりしています。

・・・って事で、動く事にしました。どうなるか判らないけれど、意思表示は大切とおもっている保護者が多くなったので。

どうなるかなぁ。
[PR]
by webnest | 2005-10-29 22:14 | 小学生

プロ野球チップス再び

コカコー・・・じゃなかった、ペプシコーラでボトルキャップのおまけ、やってますね。スター・ウォーズの。TVCMとかでも60種類とか言っちゃって煽ってますよね。

で、煽られているようです、次男の友達。

友達と遊んで来るといって出かけた彼。何と、12本ものペプシツイストとご帰還なさいました。

もちろん、うちでは基本的に炭酸飲料は特別な日に飲ませないというのは彼もご承知ですので、何故、こんなに持っているのかを話してくれました。

キーワードはボトルキャップ
そう。一緒に遊んだ友達がはまっている様で、おまけだけ取った後、本体をくれたんだそうです。「勿体無いじゃん」・・・そりゃそーです。だって、もし貰わなかったら捨てても構わない状態だったそうなんで。

昔、子どもだった頃に学級会で話し合った"「プロ野球チップス」について"ってのを思い出してしまいました。あの時も男の子がはまって、本体であるはずのチップスをゴミ箱に捨てていて問題になったのでした。男子は今も昔も変わらないのかぁ・・・なんて思ったりもしまいましたがね。

でも、やはりお金も食べ物も粗末にしてはいけませんというのは不変の暗黙の了解になっているべきなので、次男と話しました。彼的には既に判っている事だったようで、「僕はあれ(スターウォーズボトルキャップ)は欲しくないし、あんまり好きじゃない」で終わりました。

しかしなぁ、あんなに買っちゃってお小遣い、大丈夫なのかなぁ。と思っていましたが、今日は月末なので、きっと明日辺り7月分を貰えるから大丈夫なんだろうな・・・なんて事を思ってしまいました。

ちなみに、12本は冷蔵庫に入っています。入っていますが、相当な理由が無い限り飲めないので、恐らく3ヶ月位はこのままなんだろうと思っています。
[PR]
by webnest | 2005-06-30 22:17 | 小学生

今どきの給食

私が小学生だった時とは違って、給食もすっかり様変わり。だって、食器が陶器ですよ。セラミック。結構、重いけれど、やっぱり陶器で食べる食事っていうのは良いですよね。

それに、食材は基本的に国内産。バナナだって国内産なんだから。凄いなぁ。
子どもたちが食べる30分前には校長が毒見(?)をするしね。

で、今日、帰って来た次男が言った言葉が・・・

『今日、じゅーしぃーだった』

びっくりしましたねぇ。じゅーしぃーですよ。渋いなぁ。沖縄料理じゃないですか。素晴らしいって思いましたねぇ。

b0023799_18235277.jpgb0023799_18241928.jpg
実は、この間沖縄に行った時に、オキハムという地元の会社で販売している『じゅーしぃーの素』を、これまた地元スーパーのサンエーで買って来たんですよ。で、帰ってきてからも美味しい美味しいと言って食べたので、彼は覚えていたんですねぇ。

クラスの誰もが『?』だった時に、教えてあげたんだそうです。

良かったよ、沖縄行って・・・って思いましたねぇ。
[PR]
by webnest | 2005-06-22 18:32 | 小学生

ふーむ

次男が先週、ファミリーマートでもらったと言って持って帰ってきたチラシ。
b0023799_13413441.jpg

・・・だったんだけど、確か「ロナウディーニョも来る!!」みたいな謳い文句があったような??
それなのに・・・

ブラジルサッカー連盟は19日、来年のワールドカップ(W杯)プレ大会となるコンフェデレーションズカップ(ドイツ、6月15日開幕)の代表メンバーを発表し、FWロナウジーニョ(バルセロナ)ら23人が選ばれた。(中略)ロナウジーニョはバルセロナの日本遠征(6月12日の横浜戦、15日の浦和戦)への出場が難しくなった。

これって、来ない確率が高いって事だよねぇ。次男はちょっと行ってみたい様な事を言っていたけれど、日程的に無理だったのでチケットは買ってません。もちろん、バルセロナですから、彼以外にも素晴らしいプレーヤーが居るので、見に行かせられるもんなら行かせるけど、居ると居ないじゃやっぱり違うよねぇ。
[PR]
by webnest | 2005-05-20 13:48 | 小学生

続 サッカー

昨日は本当に頭に来ていてっていうか、ムカついていたけれど、やっぱり思い出せば今日もムカつきます。

誰にって言えば、やっぱりあのチームの大人にですね。コーチと親。

教えなければ、あんなプレーや態度は出ないはずなんですよ。子どもは。
性善説とかそういう事じゃなくて、やった時に怒られればいけないと思って止めるだろうし、褒められれば増長するのは当たり前なんです。
だから、あのチームの子ども達があんなプレーや態度をするっていう事は、そのチームに関わっている大人がそういう事を推奨していたって証拠なんです。その大人はと言えば、やはりコーチや親でしょう。あれでは、子ども達が可哀想です。

ダンナは母国にいた時にアイスホッケーをやっていたのですが、ある年、汚いプレーを教えるコーチだった事があるそうです。その年は、選手達は相当汚いプレーをしていて、試合でチェックを入れて倒した相手の傍に立っていたら、コーチから「もう一度殴れ」という指示が出て、指示通りにしたそうです。結局、そのコーチはリーグから指示が出て、辞める事になりましたが、辞めたのでホッとしたそうです。

スポーツは正々堂々とやるだけでは駄目という考え方も判ります。勝てば良いという考えも判らないでもありません。でも、それを子どもの時から植え付けるべき考えなのでしょうか?
正しいやり方、マナーが身に付いてからこそ、そういったプレーにも手を出せるようになるのではないでしょうか?

あの相手選手を倒してガッツポーズを取った選手、それを見て喜んでいたコーチと親。本当に信じられません。
[PR]
by webnest | 2005-05-16 18:27 | 小学生

サッカー

今日は次男の県大会でしたが、修学旅行へ行ってしまうメンバーも居て、主力の6年は5人のみ。他は5年と4年に穴埋めしてもらうという布陣でした。その上、6年の1人が怪我のために途中から出場できなくなくなってしまい、大変でした。

でも、第1戦は1-0で勝つ事ができ、チーム的にも5年振り(かな?)の快挙でした。

問題は第2戦目。
結果的には0-3で負けたのですが、相手がとにかく汚なかった。

Bというチームだったのですが、後ろから突き飛ばす、腕やユニフォームは引っ張る、喉目掛けて肘を入れる、足を引っ掛ける、極め付けは相手選手(うちのチームの子ですが)を突き飛ばして倒した後、「ごめん」の動作をするでもなく、なんと片手でガッツポーズをしたのです。これには唖然。

そしてそのチームを応援する親も凄かった。
自分の子どもの名前を呼んで、(ユニフォームを引っ張れ)の合図を動作でするわ、相手選手(うちのチームの子ですが)の事を言うのに、「あのでかいの」とか「ちいさいの」と背番号で呼ぶ事も無く、身体的特徴を叫ぶし、相手選手が倒れれば喜ぶ・・・。
一緒に居たコーチらしき人も、ベンチ以外からの指導や指示はあからさまにしない事になっているはずなのに、ああしろこうしろとまるでベンチコーチのようでした(ちなみに、うちの市のトーナメントで応援者(ベンチコーチ以外のコーチも含む)が指導や指示を出すと、主審から注意を受けます)。

で、相手も汚かったのですが、主審も全く見ていず、カードは出さずじまい。ガッツポーズをした時にも、後ろから突き飛ばした時にもお咎め無し。試合終了後に線審を担当した人たちが「あれはイエロー出して良いよな」と話しているのを聞いてしまった位、だらしない主審でした。

負けてしまったのは残念だったけれど、あんなサッカーをしてまで勝って欲しくはありません。うちのチームはお坊ちゃんサッカーと言われるかもしれませんが。汚いマナーは子ども達は簡単に覚えてしまいます。だから、その前にきちんとしたルールとマナーを徹底するべきだと思います。

審判ももっと質の向上を目指してもらいたいと思います。これは、小学生だけじゃなく、中学生の試合にも言える事です。
基本的にこういったトーナメントの審判は、各チームや学校から数名出て行うと思うのですが、チームならコーチ、学校であれば部活顧問が一般的だと思います。よく、「忙しい中、出て貰えるだけでもありがたいと思わなくては」といった風潮がありますが、それは違うと思います。
どうやったら子ども達が信頼して、安心して試合を行えるか、それを考えるべきだと思います。

今日の試合のように、カードを出すのに躊躇しているようでは、大きな怪我につながる恐れもあります。あまり些細なファウルにも出し過ぎて、試合進行に支障をきたすようでは困りますが、安全面を考えれば、きちんとしてもらいたいと思います。

これまでに沢山の試合を見て来ましたが、本当に判り易くて、公平な審判も沢山見て来ました。どんどんそういった信頼できる審判が現れて欲しいと思います。

海外では、審判資格を持つ高校生位の人から、1日2000円程の謝礼でボランティアをやってもらったりして、公平性を出しています。日本もそういった制度を取り込んで行って欲しいです。

それにしても、うちのチームが所属する市に居られて、うちのチームでサッカーを学べて、次男も長男も良かったと、つくづくこういうチームを見る度に思います。
[PR]
by webnest | 2005-05-15 19:36 | 小学生

11歳の思考

「二階から」・・・落ちる
(o_ _)o ドテッ!



「一寸先は」・・・・うんち
( ´Д⊂ヽウェェェン



「寝耳に」・・・・・耳垂れ・・・水
ε=( ̄。 ̄;)フゥ



「青天の」・・・秋・・・・・・歯車
(´Д`;;)・・・ぇ



「人間万事塞翁が」・・・・うち
( ̄□ ̄;)!!



「類は友を」・・・殺す
(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)



ことわざの問題に答えた11歳(♂)でした。
ちなみに塾など行かず、のびのびやってます。

(別の私の日記から転載です)
[PR]
by webnest | 2005-04-26 15:14 | 小学生

今年もぶっちぎり

長男の期末テスト初日で胃潰瘍になりそうな私でしたが、次男のマラソン大会を見に行きました。
今年は6年生と1500メートルを走ります。でも、確か長男の時は2000メートルだったような・・・。これも時代の流れでしょうかねぇ。近年の子ども達は体力が落ちてきたって言うし。

最初は女の子から始めました。改めてみると、1クラスの人数がとても少ない。2学年合わせても、私が子どもの頃の1学年くらいしか居ないという感じ。淋しいなぁ。トップで戻って来たのは5年生。彼女は毎年トップ3に入るような子なので、やっぱりとも言えるかも。

そして次は男の子。次男は外側からスタートで、最初は先頭集団に混ざって走っていきました。
このコースと言うのが、半分はグラウンドを走るのですが、もう半分は校舎裏を走るので、グラウンドのギャラリーには全部を見る事は出来ません。
そして、戻って来た時には3位。1・2位は6年生でした。でも、2周目で帰って来た時には2位に上がっていました。そして最終周。
飛び出してきたのは次男で、今年もスパートが良く伸びてぶっちぎりで勝てました。後に続くのは6年生4人ほど。殆どサッカーで一緒の子ども達でした。やっぱり、サッカーっていうのは、何時の間にか走っているから、持久力もついて、足腰が強くなるんでしょうねぇ。

本人はとにかく6年生に勝ちたいの一心で登下校も走っていたりしたようです。来年はまた5年生に早い子もいるので、負けない様に頑張って欲しいと思う母でした。
[PR]
by webnest | 2005-02-23 16:35 | 小学生

校内音楽会

次男のコンサートに行って来ました。今回は1番目の演奏だったので、必死になって学校へ急ぎました。雨だったしね。

曲目は2曲。『花』と『世界にひとつだけの花』。うーん、どっちも花ね。プログラムを見ると、他の学年でも同じ曲をやる所もあるし、他の曲もかぶっている所があった。でも、どちらにしても次男の学年しか聴く時間は無かったので、違和感は無かったけれど。

次男はトライアングルをやっていました。確か、前の時もそんな感じ・・・。数えたら、トライアングルとタンバリンで8人くらい並んでた。うーん。

曲のまとまりは良かったです。『花』はああいうラップ系なのでちょっと辛い感じもあったけれど、『世界・・・』は編曲もされていて良かったです。でもなぁ、何か、モノタリナイ・・・。

長男の時にばばーん!とクラッシックの合奏曲とか聴いちゃっているので、何かなぁ、挑戦度が低い感じとでも言いましょうか。朝練もなかったし、練習で帰りが遅くなった事も無かったし・・・。まぁ、早けりゃ、遅けりゃ良いって訳ではないけれど。親馬鹿なので、「もっとできるのになぁ」って思っちゃうんですね。
[PR]
by webnest | 2005-02-16 18:19 | 小学生

お当番

今日は次男のサッカーチームを連れて、遠征に行きました。お当番ってやつです。他に3人の親がお当番で、車を出して試合会場へ。
集合したのが7時10分頃で、戻って来たのは6時くらいでした。うー・・・疲れた。
試合は1勝2敗。6チーム中4位、かな?まぁ、なかなか難しいです、勝つのは。やっぱり同学年の人数が少ないと辛いですね。キーパーも去年の夏頃からようやく正キーパーとして定着した感じだし。これから、かな?!

来年度は最高学年で試合数もぐっと多くなるから、もっと鍛えられるでしょう。でも、お受験とかなんとかで抜けて行く選手も出てくるからなぁ。セチガナイ世の中っす。
[PR]
by webnest | 2005-02-12 18:43 | 小学生