犬のあくび

市立美術館

長男の試合を観た帰り、市立美術館へ行きました。

実は、車を入れられる駐車場を見つけられなくて、とうとう、試合会場校から随分歩かなくてはならない美術館の駐車場に入れることになったのです。だから、初めから美術館目当てじゃなかったんです。

なんだか、すっきりとしない試合観戦の後、半分ムカつきながら美術館へ向かいました。

駐車場から出るためには美術館の受付に行かなくてはならないので、館内に入ると、久しぶりに行った美術館の雰囲気がとても落ち着いていて、観る事にしたんです。

駐車場がとても空いていたので、一体、どれだけの人がいるのかしら・・・と思ってはいたのですが、やはり空いていて、のんびりした感じで気持ちが良かったです。

建物も素晴らしく、中庭などの庭園も野外イベントができるくらいの感じで、ところどころに彫刻などの作品も置かれていて、全然、人ごみはなく、本当にリラックスできる空間でした。

開催されていた展覧会も、昭和の雰囲気というか、ノスタルジックな、少し哀しい感じの、セピアカラーを想い出させるような作品で、苛ついていた気持ちが引っ込んだ気がしました。

いろんなところを歩き回り、お腹が空いたので、美術館を後にする事に。


ゴールデンウィーク期間中、どこもかしこも混んでいるのだとばかり思っていたのですが、
思いがけず、素敵な場所で時間を過ごすことができました。

近くに市立博物館もあったのですが、そこには美術館よりは車の数が多かったけれど、満車で止められないわけでもなく、入ろうと思えばすぐに入れるようでした。

時間がもっとあれば、博物館にも行きたかったくらいでした。

ちなみに、両施設の駐車場は無料でした。


でも残念なことに、この美術館も博物館も、私たちが住んでいる市にはないということです。
[PR]
by webnest | 2008-05-04 23:52 | 出来事
<< 最終日 退場 >>