犬のあくび

警察と待ち伏せ

うちの市の警察署脇にある車道は、何故か朝の7時から夜の9時まで一方通行。でも、観光客とか、道を知らない人はついつい入って行きがち。それは、一方通行に見えない道幅とか、一方通行サインが目に留まらない所にあるといった原因なんだろうと思う。

今までも、何回も入りそうな、入ろうとする車を止めて一方通行道への侵入を防いだ事か。

だって、警察署の駐車場で
警察官が待ち伏せしてるんだもん。


汚くないか、これって?
1人じゃなくて、下手すりゃ2人くらい現役の警察官が物陰に潜んでいて、一方通行道を入ってくる車を捕まえているんだな。でも、待ち伏せしてない時もあるので、その時に入ってきた人は"ラッキー"ってやつ。

でもね、待ち伏せって、こういうのはやばいんじゃないかって思う。スピード違反検挙のための待ち伏せとか、シートベルトしてない人を検挙するための待ち伏せとかとはちょっと違うんじゃないか、と。

だってね、一方通行のサインがある所から、警察官が待ち伏せしている所までの間で、何か起こったらどうする訳??

もちろん、一方通行道を逆走してきた車の運転手は悪い。でもね、待ち伏せしてた警察官はどうなるの?一方通行道を入って来たって知ってて、待ち伏せしているポイントまでは見過ごしたわけでしょ?万が一、その間に誰かが車に撥ねられたりした場合、違反を知ってた警察官だって悪いんじゃない?もっと早くに教えなかったって。

わざと、知ってて入ってくる人もいるかもしれないけれど、一方通行の道ってよく判らないサインもあるから、もし入りそうだったら、警察官が近くに居るんだったら、教えてあげても良いと思うんだけどな。駐車禁止とかスピード違反とかとは違うと思うし。

それとも、違反車一台捕まえたら、幾らとかってお給料でも上がるのかしら??


本日のビリーズブートキャンプ:『通常版腹筋』 『通常版最終』・・・最終プログラム・・・あったのかどーかも忘れていたようなプログラムですが、やってみました。
[PR]
by webnest | 2008-03-06 17:44 | 出来事
<< ビリーのDVD そりゃ小浜とOBAMAだけどさ... >>