犬のあくび

そりゃ小浜とOBAMAだけどさ・・・。

ヒラリー・クリントン女史、OBAMA氏に一矢報いましたね。ナイスです。

土壇場に強い女。

今のアメリカに必要なんじゃないかしらって思わせる戦いぶりです。まだ一介の候補者だけれど、ブッシュジュニアなんて目じゃないですなぁ、ホント。

これからも楽しみですね。


・・・って、福井県小浜市。まいったなって感じ。
せっかくダルマ送ったのに、ミニチューズディ、負けましたね、OBAMA氏。

しかしな、そういう事をやってる場合なのか、と。第一、アメリカ合衆国の民主党の大統領候補戦じゃないですか。大統領選ならともかく。名物の箸にOBAMA氏の似顔絵入れてる場合なんでしょうか。商魂逞しいって言えばそうなんですけど。誰も、日本で民主党のアメリカ合衆国大統領候補戦がカネになるなんて思わなかったでしょうからね・・・。

これで、平利市(ひらり市)とかあったら面白いんですけどね、日本に。
(・・・ググッてみましたが、ありませんでした。残念。)


メディアはOBAMA氏を「ロックスターの様に駆け上がっている」なんて言ってますが、実際、ロックスターじゃないんですから、私がアメリカ人だったらクリントン女史かな。

OBAMA氏は黒人、クリントン女史は女性を打ち出したい所もあるかと思いますが、はっきりとは出してないような感じですね。でも、OBAMA氏はソコハカトナク黒人をアピールしてますよね。

アメリカ合衆国に於いて、黒人層はアンタッチャブル的だなぁって、こういう時に思います。

例えば、黒人はBLACK POWERのTシャツを着られるんですよ、でもね、白人がWHITE POWERってTシャツ着てたらどうなりますかね。多分、すぐに差別とかって言われるような気がするんですよ。それとか、黒人同士はNIGGARって言えるじゃないですか、でも、白人が同じ言葉を黒人に言ったら・・・リンチ食らいますですよ、ホント。

アメリカに住んでいる妹に聞くと、今回の民主党の候補選びも、「女に(大統領を)やらせる位なら、黒人で良いか」とか「黒人にやらせる位なら、女で良いか」みたいな考えで選んでいる人も随分居るらしいですから。

まだまだ引き摺りそうなこの戦い。どこまで行くか、楽しみです。


本日のビリーズブートキャンプ:『エリート版ミッション3』
[PR]
by webnest | 2008-03-05 18:24 | 政治話
<< 警察と待ち伏せ 曇るんだよ。 >>