犬のあくび

プロ

昨日、献血できなくて良かったっちゃ良かったんだ・・・だって、今日、健康診断に行こうと思ってたんだもん。献血できちゃって、400mlくれー血ぃ抜かれちゃった日にゃ・・・できるわけないじゃん、健康診断。正に不幸中の幸い(??)。

で、行って来ました、健康診断。


身長に体重、血圧、心電図に検尿・・・。


でもって、血液検査ですよ。注射系。

ベテランっぽい看護士さんが、「針、入りますからね、ちょっと痛いですよ~」と言われたので、覚悟していたんです



あっさりと右腕に針が刺され、「え?」と思っている間に針を通って、私の血が短い試験管みたいなのに溜まっていきました。

そう、感じなかったんです。あんまり。
あんなに手際が良いのは久しぶりっちゅーか、初めてかも。これまでも献血とかで血液検査は大分受けているんですね。事実、昨日も血液検査、してきました。献血カーで。

やっぱり、「ちょっと痛いです」みたいな事を言われて針を刺されましたが、正に『刺さってました』、針。刺されて痛いっていう意識、きっちりありましたから。夜寝る前に「何かいてー」と思って見たら、血溜まりできてまして、起きてからみたら、内出血してましたから。

で、刺したもんは抜くんですけど、そのベテラン看護士さん、「抜きますよ~」って言ったら、本当にスッと抜けてたんですね。刺された時よりももっと感じませんでした。感動しました。思わず、『凄いですね~』って言ってしまいました。・・・だって凄いんだもん。

正にプロの技、ですよね。凄いなぁ、ホント。
[PR]
by webnest | 2008-02-22 22:33 | 出来事
<< フトンがフットンんだ 挑戦 >>