犬のあくび

個人面談

今日は次男のサッカーチームの監督との個人面談日。

もう、中2なので、ユース関連の話なのかしら?何か怒られるような事したかしら?もう、これ以上やっても仕方がないとか・・・などと苦しい話が頭の中で膨らみつつ向いましたが、行ってみたら、結構、ほのぼのと。・・・嗚呼、良かった。

親は監督との面談でしたが、次男はコーチと。
どうやら、サッカーの練習とか、技術とか、そういう内容面での面談をしたようですね。こちらは、家や学校での次男の様子とか、いろいろ。

話していたら、うちの監督が知っている次男と、私達が知っている次男が似た様な感じだったので、安心しました。そこに歪みが出てくるとキツイなって思っていたんですが・・・ま、それだけ判りやすいヤツなのでしょう。

これからも、信頼して、安心して次男をお任せする事ができると再び思いました。

まぁ、まだ中2ですけど、もう中2なんだなぁと感じる事もありました。来年の夏にはユースに昇格できるのかどうなのか・・・なんてシリアスな話題も上ってくるでしょうし、それに高校受験・・・。一体、どうなる事やら。

どちらにしても次男はサッカーを続けて行きたいという考えは変わってないようです。

そういえば、この間、次男が小学校3年生の時に作った『自分の名刺』というのが出てきました。そこに、"とくぎ"とあって、『サッカー』と書き込まれていました。そんな頃から、変ってないんだなぁって。

ちなみに、"わるい所"と言う項目もあって、そこには『すぐおこる』と書いてありました。・・・自己分析能力は小学校3年生からあるのに、自己改革能力には劣るようです、次男は。
[PR]
by webnest | 2007-11-25 20:23 | 中学生
<< 仙台ファイナル 観光地は大変です >>