犬のあくび

亀田父子処分

『日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、倫理委員会(委員長=斎藤慎一専務理事)を開き、11日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトル戦で反則行為を繰り返した亀田大毅(18)=協栄=にボクサーライセンス停止1年、セコンドについた父親の亀田史郎氏(42)にセコンドライセンス無期限停止、同じくセコンドを務めた兄の亀田興毅(20)=協栄=に厳重戒告、協栄ジムの金平桂一郎会長(41)にクラブオーナーライセンス停止3カ月の処分を満場一致で決めた。』

相撲界よりも処分が早かったですね。でも、あやふやにならない事を祈っています。

しかし、世界チャンピオン(兄)が厳重戒告ですね。厳重戒告ってなんでしょうか?キツク注意したって事かな?まぁ、一応、世界チャンピオンですから、そこの所が加味されているんでしょうね。あのアドバイス(肘を目に入れろ)の言い訳(亀田用語)が通ったとは到底思ってませんが・・・少しは通ったんですか?次男は1年。妥当だとは思います。父は無期限ですが、どうなったら復活するんでしょうね。

父が居なくなると、売り物にしていた父子鷹的なところがなくなりますが、それはそれで良かったんじゃないかなとも思います。あの父の躾の仕方が今の兄弟を作り上げたんですから、これ以上、そばに居て同じ様な指導を繰り返していたら、駄目になっちゃうと思ったりします。

内藤選手も話していたけれど、素質はあるんだと思います。あれで、きちんと練習をつんだら、きっと違うボクサーになると思います。若くて、型破りで、傍若無人で、強いというイメージもそれは今までのボクサーと違って面白かった事や、目新しかった事もあったでしょうけれど、いつまでもそれやっててもなぁと傍から見てて思います。

まだボクサーとしてやっていきたいのなら、この先、長いと思います。だから、きちんと内藤選手へ謝罪したり、ファンや関係者に対してもきちんとすれば良いと思います。口開けば「男のどーの」だの「ケジメがどーの」って言ってたんだし。もう、切腹は良いですから・・・。
折角、JBCの判断も早かったんだから、朝青龍みたいに出遅れないで、そこんとこもきちんと相撲界よりも先手を打って欲しいですね(笑)。

それにしても、TBSの手のひら返しは素早いですね。あのコメンテーターとか、アナウンサーとか、レフェリーに対しては処分はないんですかね??


本日のビリーズブートキャンプ:午前 『通常版腹筋』  午後 『エリート版ミッション・ツー』・・・そろそろ通常版応用に挑戦する頃かなぁ?
[PR]
by webnest | 2007-10-15 21:40 | 出来事
<< TBSと亀田父子処分 ユニクロのセール >>