犬のあくび

英語の先生

長男の文化祭初日に、ダンナと次男と一緒に行った時の事。
1人の先生がダンナに話し掛けてきた。


話し始めたので、次男と私は屋台を見に行った。


すると、次男が

『あの人誰?』
と聞くので、

「学年の英語の先生だよ」
と言うと、

『だって、英語話してるじゃん。』
ととても驚いた様子で言った。

「だって、英語の先生だもん。」
と言うと、

『うちの先生、みんな話せないよ。』
と答えた。


う~ん。
彼の中では、英語の先生≠英語が話せるの図式ができてしまっているようだ。

まぁ、判らないでもない。
テストで"Say hell to your family"なんてタイプミスを平気で見逃すような先生だもんなぁ。

でも、英語の先生=英語が話せるが当たり前であって欲しいんだけどな、親としてはさ。


本日のビリーズブートキャンプ:午前 『通常版腹筋』  午後 『通常版基本+ニュービリバン』 『トレイシー・マレット/ファーム・イット』
[PR]
by webnest | 2007-09-10 22:10 | 中学生
<< それって、脅し?? 誕生日 >>