犬のあくび

夏の宿題

夏休みも大詰めを迎えた今日この頃。

やはり、注目を浴びるのは宿題

どこまでやってるかっちゅー事ですな。
流石に高校生の長男は、夏休み中の登校日もあったせいか、すっかりやり終わったと自己申告(あくまでも自己申告)してます。

でも、中学生の次男は、サッカーの遠征やらトーナメントがあって、すっかり終わってません。昨日、ようやく社会の『国新聞』を終わらせたようです。でも、まだ国語の読書感想文もあるし、理科の天気予報のノートも仕上げなくちゃいけないし、家庭科なんて、『幼児と遊べ』だって。居ないし、『幼児』。どうするんだ、ここへ来て。母が『幼児』のふりする訳にもいかんしなぁ。困った宿題だ。この少子化の時代に。時代が読めない先生は困ったぞ。

いちいち言ってもなぁとも思う。でも、期日までに提出しなくちゃいかんのだから、尻も叩きたくなるってもんで。

ダンナは、夏休みにこんなに宿題があるのは異常と言っている。
そりゃそーだ、カナダじゃ学年の変る時だから宿題なんてないもんね。
・・・でも、日本じゃ春休みでも宿題あるよな・・・。やっぱ異常か。


本日のビリーズブートキャンプ:午前 『通常版腹筋』  午後 『通常版基本+ニュービリバン』
[PR]
by webnest | 2007-08-24 18:19 | 子育て
<< 小池大臣 侮れない基本プログラム >>