犬のあくび

コストコの乱

涼しかったので、バイト先は忙しかったです。
やっぱり、涼しければ夏でも"散策"って気になるんでしょうねぇ。
もっとバラけて来店してくれれば良いのにぃ・・・って、いつも急に忙しくなると思うのですが、
まぁ、やっぱりそうも行かないって事ですね。ふむ。


お客さんの中で、『ビリーズ・ブートキャンプ』の話をしていたオバサン達が居ました。

"ビリーズ・ブートキャンプって、7日間やれば良いんでしょ。"
"でも、高いじゃないの。あんなのに15000円も払うのよ。"
"●●さん持ってるから、7日間だけ借りれば良いのよ~。"
"そうねぇ、それが良いわ~。"
"脱走兵かも、あたし。"

・・・浅墓

7日間でどーにかなる訳無いじゃん。
鏡見てくれ。姿見を。



で、仕事が終わってからダンナに迎えに来て貰って、コストコに行く事にしました。

渋滞もなく、スイスイ~。

が、しか~し!!

店内に入ったら、大騒ぎ。

判っていた・・・。
夏休みだって事は・・・。
だから、一抹の不安はあった・・・。

が、しか~し!!

ここまで酷いとは。
救いだったのは、店内密度が低かった事と試食が少なかった事。

もちろん試食コーナーは大渋滞っていうのは変らず。

子どもだけで試食に群がるわ(もちろん、貰えません)、通路で鬼ごっこするわ、徒競走するわ(マジ。スタートとゴール決めて全力疾走)、突然飛び出してくるわ、もちろん、ストック商品の裏に隠れてのかくれんぼも忘れてはいけません・・・などなど。

一緒に来ている親はって言うと・・・

「●●ちゃ~ん、出てきなさい~」と山の様に積み上げているドリンクの裏に向かって叫んでいる始末。あの山が万が一崩れて来たらどうするんだろうと、本当に不思議(ちなみに、出てきたのは幼稚園年少~年中の子ども達。出て来たは良いけど、また入って行きました)。
「おかあ、さ~ん」って泣いて探している子どもに向かって、「何で、そっちに行っちゃうの、こっちだって言ったでしょ!」と年少位の我が子に怒るし(手をつないだり、カートに座らせれば済む事なのに)。
フードコートで肩車している親も居たし、泣き叫んでても平気だし、床の上をゴロゴロと転がって、這いずり回っている子どもが居るって言うのに、全然平気だし。

こういうのって、イトーヨーカドーとか、ジャスコではこんな頻繁に、行く度には拝めない光景ですよねぇ。なのに、何でやるんだろう、コストコでは。それが全く不思議。同じただのスーパーなのに。

後、気になったのはフードコートでの食事。老婆心ではありますが、あそこで売っている食べ物を午後5時以後、幼稚園児~小学校低学年に与えちゃマズイと思います。
だって、食べてるのったら、チュロスにアイスクリームにソーダ(コーラとかの炭酸系)っすよ。もちろん、全員じゃないけど。せめてホットドックにオレンジドリンクやお茶(ソーダではなく)にした方が良いと思いますね。
とにかく砂糖摂り過ぎ。大人だってあそこの食べたら砂糖摂り過ぎなんだから。あんな時間じゃまともな夕食を帰宅後摂るとは思えない・・・って事は、あれが夕食。太るわ、砂糖で煩いわ、良い事無しだと思うんだけどなぁ。

実際、日本人も段々と欧米化しているなぁとコストコへ行くとツクヅク思います。大抵、デニッシュ、マフィン、ケーキ類だの、でかいピザだの、カートに入っているのをよく見るようになりましたもんね。恐ろしいです。その内、欧米人が日本食に目覚めているから、結構痩せ型になって、日本人がその逆になるんじゃないか・・・って。

はぁ、恐ろしい。ビリー、頑張ろう・・・。


本日のビリーズブートキャンプ:午前 『腹筋』  コストコから帰って来てから、『基本』って思ったんだけど、その後もガタガタあって、結局気力が萎えてしまいました~。その顛末は明日。
[PR]
<< バックできません あ、そうだった >>