犬のあくび

悔し涙

今日は、長男のサッカー県選手権大会を見に行きました。

2回戦、です。

彼らのチームは創部4年目。長男は3期生です。

1回戦目は6-0で相手を下し、2回戦目に駒を進める事が出来ました。
でも、2回戦目の相手は、確実に実力が、はっきりと向こうが上という高校。その上、その相手高校での試合という事で、100%アウェー状態は目に見えた試合でした。

朝のラッシュ時の車の流れを潜り抜け、どうにかこうにか試合会場へ。試合の始まる前に着く事が出来ました。

全員がピッチに立って並んでいました。
3年生にとってはこの選手権が最期のトーナメント。気合が入った顔をしている・・・と思いきや、「誰が応援に来てるかな?」なんてな顔をして、後ろをチラチラ振り返っている選手達。余裕があるんだかないんだか・・・。

長男もお陰様でスタメンに選ばれていました。彼はFW。でも、優しい性格をしているので、FW起用はどうなの?とも母は思うのですが、体格的には絶対FW。キレレバ、性格的にもFWなので、試合中は早くキレテ貰いたいものだと思ってます。

9時30分試合開始。

攻めていました。これはビックリ。だって、はっきり向こうのレベルが上のはず。でも、攻めてました。私は3年生のファンなので、3年生が大活躍しているのが嬉しくて仕方ありませんでした。長男も必死にボールを追い駆けてました。良い感じ~。・・・と思いきや、先取点は向こうでした。

うう・・・ここから崩れる???

とちょっと不安でしたが、モチベーションは落ちていませんでした。
攻め続け、守り続け、そして同点ゴール!!!2年生がヘッドで決めました。

その頃になると、高校からの応援が多くなってきました。周りを見ると、同じ高校の子達が沢山。アウェーとは思えない雰囲気になってきました。

その力を借りて、ピッチに立つ選手達は走り回り、声を挙げ、相手にぶつかっていきました。

そして前半は1-1の同点で終了。

うち側としては、まさかの展開です。話しによれば、相手チームの選手は「10-0で勝つし~」なんて言っていたそうですからね。ま、うちとしては0-10で負けるとは思ってませんでしたけども。

長男は膝痛が出始め、前半の後半、途中交代してしまいました。膝、治そうね。


後半。

ちょっと疲れが出始めたような雰囲気でしたが、惜しいショットも多くあり、白熱した試合を見せてくれました。

しかし、ちょっとした隙を突かれ、失点してしまい、1-2に。

気力が途切れそうな中、20人以上は居るかという応援団が声を張り上げて、選手達を鼓舞してくれました。アウェーであんな大きな声援は今まで無かったです。体育の先生が日体大出身という事もあり、『エッサッサ』の大合唱。男子も女子も雨の中、大声を張り上げて応援してくれました。

でも、その想いは今一歩の所で届かず、試合は終了してしまいました。


泣き崩れる選手達。ベンチで控えていた子達も泣いていました。

立ち上がれず膝を突いて、誰の目も気にせず泣ける高校生。素直な良い子達だなぁって思いました。涙を拭い、その選手に近づき、声を掛け、立ち上がらせて応援団に挨拶。もちろん、惜しみない拍手の嵐でした。

その後も涙が止まらず、応援団の拍手の列の中、涙声で「ありがとう」と言いながら彼らは控えの場所に戻って行きました。



何か、字にしちゃうと安っぽいんだけれど、本当に、本当に素晴らしい試合を見せて貰いました。


ありがとう、3年生。これからの新チームも見守ってやって下さい。
おばちゃんは鉄壁のDF3人組の大ファンでした。



今日のビリーズブートキャンプ:腹筋オンリー・・・時間がなくて駄目でした。だって、家事もホッポラカしで試合に行っちゃったんだもん・・・。


後日談:何故、この試合にたくさんの応援が来てくれたか、不思議だったんです。確かに3年生最期のトーナメント戦のひとつって事もありました。でも、JRの駅から歩いて35分って距離ですよ。もちろん、バスもありますが・・・。そして雨。それなのにあの人数。

で、長男に聞いてみたんです。

そしたら、サッカー部員が、以前行なわれたバスケ部3年の最期の試合の応援に駆けつけていたんだそうです。で、そのバスケ部の面々が来てくれたという・・・。良い話しじゃないですかぁ。これが田舎の今時の男子高校生がやる事なんですよぉ。TVで見るような変なのばっかじゃないって覚えておいて下さいな。
もちろん、女子高校生もたんまり来てくれて、黄色い声援を雨の中、張り上げてくれていました。差し入れも食べ切れない、飲み切れない程、頂きました。
そしてフロンティアとして、一番大変な時期を過ごした1期生の皆も来てくれていました。

ありがとうでした。この子達は本当に幸せ者です。
[PR]
by webnest | 2007-07-23 22:55 | 高校生
<< ゴールゴールゴール バタバタ >>