犬のあくび

親子ゲンカ

次男とバトリました。


・・・って言っても殴り合いとかK-1状態とかってそういう訳じゃなくて、ですけど。
まぁ、理由はサッカー・・・なんですかねぇ。

今、次男のサッカーチームは苦境に立たされてます。
トーナメントで敗退してから、監督とのすれ違いっていうか、もう、選手達は煮詰まっちゃって、まるで『創業以来、一度も捨てた事の無いうなぎのたれ』みたいです。ま、そんなに美味しきゃいいんですけどね。マズイたれなんですね。ま、変な例えになってますが。

だけど、次男が自分の考えや気持ちをストレートにチームにぶつけていないのは確か。それなのに逃げるのはずるいと思うんですね。で、何で行動しないんだ、と。ま、それ以上、言ってましたけどね。

で、次男が「お前に何が判るんだ」的な発言をしたわけです。

怒りましたねぇ。2階に逃げる彼を追い駆けましたよ。

それからは、もう、「何もしないんなら辞めちまえ!」ま、今考えればお決まりのパターンです。
床に散らばるユニフォーム・・・。
「全部袋に入れて、監督の所へ持って行け!辞めるって言って来い!!」

だって、そうでしょ。自分の意見位、きちんと伝えなくちゃ。怒られたってそこはスジ通すべきだと思うんですよ。きっとそういう姿勢を監督も待っているんだと思うし。

ダンナがジムから帰って来なかったら取っ組み合いになったかも・・・って事は無いですけど、帰って来てくれたのでトーンダウンできました。

その後はダンナに任せて、私は1階に戻りました。少しして次男が下りてきて、「ごめんね、いろいろ言っちゃって・・・」と謝ってきました。

どちらにしても、チームに所属しているのも、ピッチに立つのも次男です。脇から親が何を言っても、それは部外者(まぁ、月謝とか払ってるのはこっちなんで、まるまる部外者って訳でもないんですけど・・・)が言っているのと同等だから、とにかく陰でサポートするしかないんですね。

こうやって、また次男は一つ大きくなるんでしょうか・・・。悔いのない時間をなるべく多く過ごして欲しいと思ってます。
[PR]
by webnest | 2007-05-12 23:24 | 出来事
<< 王様のような朝食 横浜FC 第11戦 対サンフィ... >>