犬のあくび

シクラメンの・・・

クリスマス頃に毎年実家の母からシクラメンを貰うんだけど、去年は一昨年貰ったのが大分長く花を咲かせて驚いた。いつまで経っても花芽が出てきて、今までこんな事はなかったから・・・。

去年貰ったのは、実を付けた。いつもは花が萎れてくると取ってしまうのだけれど、今回はひとつ取らずにいたら、何だか先っぽが丸くなって、それが大きくなったので、面白いから取っておいたのだ。何だか、丸い実が付いたシクラメンも可愛いなぁって。

で、いつものように全部萎れた花を取ってしまうのではなく、いくつか残すようにした。

全部が全部実を付けるわけではないのだけれど、段々、丸い実の付いた茎が増えてきた。

そして、今朝。
一番最初に実になったのが何だか枯れているように見えたので、チェックすると、丸い実だった所がはじけて、というか先が捲れてきて、何か粒粒のようなものが見えたのだ。
「げげ、虫??」
あんまり小さいのがウジウジとかたまっている様は嫌いなので、ちょっとビビッタのだけれど、どうやらその粒粒は『種』だったようだ。

シクラメンの実を見るのも初めてだし、種を見るのも初めてなので何か楽しい。
[PR]
by webnest | 2007-04-30 23:24 | 出来事
<< シクラメンの・・・その2 靴下 >>