犬のあくび

豊作野菜の「産地廃棄」見直しへ

豊作野菜の「産地廃棄」見直しへ…農水省が検討委
2月7日1時44分配信 読売新聞

 農林水産省は6日、野菜の豊作に伴う値崩れを防ぐために1972年から実施してきた「産地廃棄」を見直すため、第三者でつくる検討委員会を設立する方針を明らかにした。

 新鮮な白菜やキャベツなどをトラクターでつぶして畑の肥料にする廃棄処分の実態に対し、消費者から「もったいない」「教育に悪い」との声が高まっているためだ。

 産地廃棄は緊急需給調整策の一つで、キャベツ、大根、白菜など6品目が対象となる。卸売価格が過去9年間の市場平均価格の7割以下に下がると、出荷を見送るように要請し、生産コストの一部を補てんする。

 昨年は11~12月に好天の影響でキャベツと白菜などが豊作になった。全国で2万2000トンが廃棄され、国と生産者が折半出資した基金からの助成金は5億円にのぼる。一方、農水省が受けた電話や電子メールの苦情や意見は「130件を超える」(野菜課)という。


あの美味しそうなキャベツや白菜をトラクターで、畑から収穫できずに潰していくニュース映像を見る度に、一所懸命作った農家の人の気持ちが伝わってくるし、勿体無いなぁという思いがあった。

北アメリカでは、GLEANERS(グリーナーズ/英文)という団体が、活動しているんだけど、活動している国で余剰作物が出た場合、寄付してもらったりして、自分達の持つ加工施設で乾燥させてスープミックスを作って、恵まれない国へ送っている。

実際、私もボランティアとして一日作業を手伝った事がある。

その日は、玉ねぎの日で、作業場(とてもきれいで、システム化されていた)に着くと玉ねぎの山が、作業台に積んであった。
玉ねぎの皮をむく人とそれを機械に入れて細かくする人、細かくしたものをトレイに乗せる人、乾燥した野菜をトレイから外す人・・・に分かれての作業だった。

私は玉ねぎの皮をむく人。
コンタクトレンズ着用者なので、目は痛くならないし、人とおしゃべりもできるので面白かった。

玉ねぎにはあまり傷んだ物は無く、まだまだ普通に店で売れそうなのも入っていて、驚いた。でも、この玉ねぎは余剰作物のなので、国内で売る事はできないんだそう。また、作ったスープミックスも国内販売はできず、国外に必ず持ち出すのが条件らしい。

1グループ2人で、大体10グループ程が一度に活動していた。もちろん皆ボランティア。おじいさん、おばあさんが目立った。

午前8時30分から作業開始で、午前10時になると休憩。
ボランティアの人が作ってくれたケーキやクッキーを紅茶やコーヒーと頂く。

30分ほどして、また作業開始。そしてお昼で終了。

こうしてできたスープミックスは色々な国でお腹を空かせている人達の元に直接運ばれるんだそうだ。スープミックスだけでなく、ドライフルーツも作っていて、りんごのを食べさせてもらった。とても甘くて美味しかった。

このGLEANERSはベースがクリスチャン系だそうだが、特別、勧誘される訳でもなく、ボランティアが全員クリスチャンという訳でもない。私のように急に参加する人も居るし、毎回来ている人も居る。日本からも留学生やホームステイのグループがよく来て、手伝ってくれると話していた。

作物を作るのは難しい。幾ら統計を取って、予想をしたとしても100%、天候を予想したり作柄を予想する事は困難だ。だから、日本にもこういったグループができると良いと思う。そうしたら、あんなニュース映像は見なくて済むんだから。
[PR]
by webnest | 2007-02-07 09:29 | 出来事
<< 来たか?花粉症?? 懲りない奴・・・柳沢厚労省大臣 >>