犬のあくび

イマドキ ノ ショウガッコウ

土曜参観ってなもんがありました。結構、人が来てて、別の学年を覗いたりするような保護者も多かったようです。

それにしても、近頃の小学校と言いますか、うちの小学校、本当に変わりました。

たった3年前に長男が同じ小学校を卒業したのですが、なんと、今現在、まともに知っている先生(元担任)が2人しかいないんですよ。他はもう、全然知らない人って感じで。
私自身、長男入学から小学校と付き合って9年目ですけど、まともに知っているのは現在の学年担任2人と去年の先生2人。それにあと2人位ですよ。本当に。9年も居て6人位しか学内に知っている先生が居ないなんて。我ながらびっくりです。

それと、『ゆとり教育』なんて変な考えの下に指導しているので、時間がない。
そのわりに、総合とか言う授業も、行事もきちんとやらなくちゃいけない・・・というジレンマで先生たちは大変と言っているのに、学校は行事予定を詰め込んで、結果的に子どもたちはこなすけれど、いっつも『そこそこ』で終わっちゃう。

何か言えば決まり文句は昨年度はそうじゃなかった。これは先生方は言いません。教頭や校長の決まり文句です。
PTAの代表である実行委員会に意見をしたって、副会長や会長に潰されて、結局、校長や教頭へ入る話しは「父母の方達も満足しています」ってなっちゃう。

とにかく、コトナカレ主義を貫きますって感じ。

今学期、急にうちのクラス担任が変わりました。
次男は結構気に入っていて、「学校楽しい」と言っているので良いと思うのですが、担任が変わるというお知らせは、たったB5の紙2枚。今日の懇談会まで、お披露目はなしでした。
その間に、気になる親は見に行ったようですが、普通なら顔合わせを学校でセッティングするもんじゃないでしょうかねぇ。やらなかったもんだから、噂ばかりが先行して、隣のクラスの担任が前任を苛めたんじゃないかとか、クラスの女子が強いので耐え切れなくなって神経参っちゃったんじゃないかなんて噂が続出でした。

そんなこんなでうちの学年の親は苛々してる人が多くなっています。

他の小学校とかでもこんな風潮なのかしら?今は?あまりにも長男の時と違うので、本当にびっくりしています。

・・・って事で、動く事にしました。どうなるか判らないけれど、意思表示は大切とおもっている保護者が多くなったので。

どうなるかなぁ。
[PR]
by webnest | 2005-10-29 22:14 | 小学生
<< 今だから話せる国勢調査員物語 その2 今だから話せる国勢調査員物語 その1 >>