犬のあくび

続 サッカー

昨日は本当に頭に来ていてっていうか、ムカついていたけれど、やっぱり思い出せば今日もムカつきます。

誰にって言えば、やっぱりあのチームの大人にですね。コーチと親。

教えなければ、あんなプレーや態度は出ないはずなんですよ。子どもは。
性善説とかそういう事じゃなくて、やった時に怒られればいけないと思って止めるだろうし、褒められれば増長するのは当たり前なんです。
だから、あのチームの子ども達があんなプレーや態度をするっていう事は、そのチームに関わっている大人がそういう事を推奨していたって証拠なんです。その大人はと言えば、やはりコーチや親でしょう。あれでは、子ども達が可哀想です。

ダンナは母国にいた時にアイスホッケーをやっていたのですが、ある年、汚いプレーを教えるコーチだった事があるそうです。その年は、選手達は相当汚いプレーをしていて、試合でチェックを入れて倒した相手の傍に立っていたら、コーチから「もう一度殴れ」という指示が出て、指示通りにしたそうです。結局、そのコーチはリーグから指示が出て、辞める事になりましたが、辞めたのでホッとしたそうです。

スポーツは正々堂々とやるだけでは駄目という考え方も判ります。勝てば良いという考えも判らないでもありません。でも、それを子どもの時から植え付けるべき考えなのでしょうか?
正しいやり方、マナーが身に付いてからこそ、そういったプレーにも手を出せるようになるのではないでしょうか?

あの相手選手を倒してガッツポーズを取った選手、それを見て喜んでいたコーチと親。本当に信じられません。
[PR]
by webnest | 2005-05-16 18:27 | 小学生
<< カラダにいいこと サッカー >>