犬のあくび

恥を知れ JR西日本

「(ATS―P設置は)絶対条件ではない」「再開を待っているお客様もいる」と述べ、工事完了前の運転再開を示唆。その場合、運転士に対して制限速度順守を徹底させ、現場付近では徐行することで安全を確保するとしている。

これを読んで愕然とした。まさに、愕然。

一体、何人の人が犠牲になればちゃんとした行動を取れるんだろう?この会社は。このJR西日本という会社は??

あれだけの人を殺しておいて、安全装置は絶対条件ではない??待っているお客様もいる??そう言う事じゃないだろう。

あんな大量殺人事件を起こした会社の電車に、安全装置が完備されない内に誰が乗りたいと思うだろうか?

何人の人がこの事故で泣いているか、何人の人が殺されたのか、本当に自覚しているんだろうかと思う。そして、そんな会社を野放しにしている政府にも憤りを感じる。

第一、あの事故が起こった時点で、あの会社が言い出した事は酷かった。置き石。何で最初にあんな第3者に責任を擦り付けるような事を言ったんだろう。乗客の多くから「いつもよりもスピードが速かった」と最初の時点から証言があったと言うのに。

バスで事故が起こりました、飛行機で事故が起こりました。そんな時に、原因も何もはっきりしていない時点で、まず最初に誰か他の人、他の事象のせいにしているのを見た事はこれまでにない。こんな厚顔無恥な対応をしたのはJR西日本位なものだろうと思う。

ご遺族の方の話の中でも、会社から気持ちのこもった対応をしてもらったという話は未だに出てこない。出てくる話は、どんなにJR西日本がご遺族に対して冷たい対応をしているか、自社社員にまでもいじめのような《日勤教育》をしていたか・・・こんな事で良いんだろうか?

あの路線はJR西日本ではドル箱だったようだけれど、安全を過信し、適当な対処をしていたから、結局は一番損失を出す路線となってしまったんじゃないだろうか?

そんな中で冒頭に挙げたような会社の対応やコメントは、全く信じられない。客である私達の事をどう思っているんだろうか?

安全と効率は相反するものではなく、同じ様に考えなくてはいけないものなのに。余りにも酷過ぎる。こんな対応では、殺された方も、ご遺族にも申し訳ないとは思わないんだろうか?
[PR]
by webnest | 2005-05-02 19:02 | 出来事
<< 嗚呼 黄金週間 お札 >>