犬のあくび

サッカーの試合

次男のチームの6年生が引退するのももうすぐ。だから、3学期に入ってからの1戦1戦は特に大切な気がする。これは、長男が6年生だった時にそう思ったから、きっと今の6年生のチームの親もそう思っているんだろうと思う。

次男はまだ5年生だけれど、ラッキーな事に6年生の人数が足りないので、試合に連れて行ってもらえる事が多い。
今日も公式戦があって連れて行ってもらえたので、応援しに行った。

トーナメント制だったので、負ければそれでお終いなんだけれど、第1試合は3-1で勝てて、次男もアシストできて良かった。でも、第2試合は前半は良かったのに、後半は疲れが出てしまったのか、1人1人の動きが少しずつ鈍くなって、0-1で負けてしまった。
1点はちょっとした気の緩みからの失点で、6年生はとても悔しそうで、キャプテンの子は目に涙を浮かべていた。

そんな6年生を見て、次男がどう思ったのか判らないし何も言わないけれど、きっと何かを感じてくれていると思う。
あと大きな試合も残り数試合。呼び続けてもらえる様に頑張ってくれればと親馬鹿は思う。
[PR]
by webnest | 2005-02-05 19:29 | 小学生
<< タコス NHK私考 >>